ぶっちゃけ私らしく働けてる?フリーランスのC4C女性エンジニアの働き方について本音を聞きました!




こんにちは、C4Cの広報チームの新道です。

いつもC4Cのストーリー記事をご覧いただきありがとうございます!

女性には結婚や出産、子育てといったライフイベントがたくさんあると思います。
C4Cでは、フリーランスと勤め人、両者の「いいとこどり」をした中間的な働き方(※)をしているため、
C4Cに興味を持った女性はどんな働き方をしているんだろう?と疑問に思うかもしれません。
※詳細はこちらの記事をご覧ください👇👇
https://www.c4c.co.jp/coco/articles/232


そんな疑問を解消すべく、

C4C女性エンジニアの働き方について座談会を行いました!


「わたしらしさ」がココにあるをテーマにC4Cは活動しているということで、
C4Cでの働き方やフリーランスについて以下の5つの質問に答えてもらいました!

Q1.C4Cで女性エンジニアとして働く魅力とは?

Q2.フリーランスで働くことに不安はなかった?

Q3.フラーランスになってよかったことは?

Q4.これから様々なライフイベントがあるが、ずっとC4Cで働き続けたい?

Q5.ぶっちゃけ私らしく働けてる?

結論から言うと、C4C女性エンジニアは強かった!!



では質問の前に… 簡単に4人のプロフィールを紹介します!

Article content

神園望さん(通称:のんちゃん)
学生時代からIT業界を目指し、専門学校卒業後上京し大手に就職。大手システムインテグレーションの会社を辞め、2015年にC4Cに入社。現在は客先でJavaエンジニアとしてアプリの新規開発行いながら、社内では執行役や広報業務を担当している。
(こちらのインタビュー記事もあわせて是非ご覧ください👇👇)
https://www.c4c.co.jp/coco/articles/159


神園めいさん(通称:めいちゃん)
大学は文系学部でプログラミング未経験で2018年新卒としてC4Cに入社。 現在は客先でスマートフォンアプリの開発を行いながら、社内では執行役や採用業務や広報業務を担当している。
(こちらのインタビュー記事もあわせて是非ご覧ください👇👇)
https://www.c4c.co.jp/coco/articles/446


中川愛華さん(通称:あいかちゃん)

学生時代にSEを目指し、IT業界に就職。開発に携わりたいという思いから大手システムインテグレーションの会社を辞め、2019年にC4Cに入社。 現在は客先でスマートフォンアプリの開発を行いながら、社内ではWantedly更新担当をしている。


新道友加里(インタビュアー)
前職では約5年間フロントAP開発のJavaエンジニアを経験。好きなことに関わる仕事がしたい、また広報などエンジニアとは別の分野にも興味があり、様々な分野でスキルを身に付けたいという思いからシステムインテグレーションの会社を辞め、2019年にC4Cに入社。 現在は客先でスマートフォンアプリの開発に関わる業務を行いながら、社内ではWantedly更新担当をしている。


それでは、インタビューした内容について一部ご紹介します!

Q1.C4Cで女性エンジニアとして働く魅力とは?



のんちゃん:C4Cに限らずエンジニアは女性にとって魅力ある仕事だと思います!男性と女性で能力差がないので、女性が自分らしく能力を発揮できると思います。技術的な能力が身につくから、ライフイベントで働けなくなったとしても復帰がしやすいメリットもありますね!


インタビュアー:そうですね。女性エンジニアはメリットばかりだと実感します!では、C4Cならではの魅力は何かありますか?


めいちゃん:C4Cは育児休暇など設けてなくて、女性のための制度はないですが、これからそのような制度というか流れを作っていけるのではないかと思います!出産、育児などで落ち着いてきて働けるようになったときに現場に出るだけでなく、他の選択もできる体制が整いつつあるのではないかと思っています。あとはこのメンバーでWantedlyの記事を書いたり、広報を担当しているメンバーもいるけど、戻ってきても復帰しやすいと思いますね!


のんちゃん:そうですね。これから自分たちで流れを作っていけるのがC4Cで女性エンジニアとして働く魅力でもありますね!他の会社だともうルールとして決まってるところが多いと思うので、C4Cでは自分はこういう人生設計があるのでここまでにこうしたいなど提案できる環境があります!ただ、前例が今までなかっただけだと思います。


Article content



Q2.フリーランスで働くことに不安はなかった?

めいちゃん:不安はあるけど、自分で解決できると思います。仮にフリーランス形態をやってみて合わないってなった場合、フリーランスから正社員形態に切り替えているメンバーがいるという前例があるのと、フリーランスだから子供ができたら仕事ができないという訳でもないので、自分次第でやっていけると思います!


インタビュアー:確かにそうですね。私は正社員からフリーランスに転職したので、未知の世界なので不安がありました。特に保証や制度がなく不安だったけど、何かあった時のために自分で資産運用の知識をつけたり管理することでカバーできるのではないかと思ってます!


のんちゃん:そういう意味だと、フリーランス形態で入る女性はかなり少数派なので、すごい面白いと思います。他の人には出来ない経験が出来ていますよね!


あいかちゃん:私はまだ20代前半なので、挑戦出来ると思ってフリーランスを選びました!もし30代だったら正社員を選んでいるかもしれません。


のんちゃん:私もあいかちゃんと同じ年齢の時にC4Cに入りました。挑戦って意味だとワクワクしますよね!自分で経費や売り上げを考えて仕事するのも面白いですよね。


めいちゃん:そうですね。正社員みたいに勝手に税金が引かれず、自分で確定申告をするからどういうところにお金が使われてるのかがわかって勉強になりますよね!マメさも必要ですね。


インタビュアー:そういう意味ではC4Cに入社してマメさも身につきましたね!



Q3.フリーランスになってよかったことは?

のんちゃん:会社の一員だけど、自分は個人事業主として自分の売り上げや経費を考えて、自分の人生設計を考えるいいきっかけになったのはよかったですね!20代のうちにそれが出来るのが面白いですよね。逆に自分が正社員をずっとやってたらと思うと、そんなに自分の人生について考えなかったんじゃないかと思います。


インタビュアー:本当にそう思います。ずっと正社員のままだったらと考えると怖いですよね!今までどれだけ自分の人生のことを考えずに生きていたんだろうと思います。。


めいちゃん:人生設計はめちゃくちゃ大事だと思います!


インタビュアー:大事ですよね。私も実際に自分で人生設計をやってみました!


Q4.これから様々なライフイベントがあるが、ずっとC4Cで働き続けたい?

インタビュアー:あいかちゃんはまさにこれから出産というライフイベントがありますが、現実問題できるかどうかは別として願望としてはC4Cで働き続けたいですか?


あいかちゃん:願望としてはずっとC4Cで働き続けたいとは思ってます。最初に亀山さん(社長)にC4Cに誘ってもらって、そこでフリーランスとしてチャレンジしてみたいと思ってC4Cに入りました。入ってみると、みんないい人で向上心がある人ばかりだから、そういう人たちと一緒にC4Cで働き続けていきたいと思います!新人で入った頃の会社が向上心を表に出さない人が多かったので、C4Cは明るくて積極的な人が多いからC4Cの人たちはいいなと思います。


インタビュアー:100点満点の回答ありがとうございます!!(笑)


めいちゃん:これからあいかちゃんがどうなっていくかわからないけど、会社としてはまたあいかちゃんと一緒に仕事したいと思っているだろうから話し合いながら作っていくんだろうなと多います。一旦受託開発のチームに入るとか、社内のエンジニア以外の業務とか、在宅でもできそうな仕事などですね。


あいかちゃん:そうですね。そういった意味では、女性が子育てしながら働ける会社を作っていけたらいいのかなと思います。


みんな:いいですね。あいかちゃんをモデルにしてみんなついていける!笑


めいちゃん:あいかちゃんも会社に甘えていないから、会社としても協力したくなるんだろうなと思います。本来であれば育休などは正社員などの+αで福利厚生制度に含まれているものなので、C4Cではフリーランスで女性のための制度があることを当然のように思われちゃうと違いますよね。C4Cとしてできることは出産のタイミングではお休みしてもらって、復帰のタイミングでその人に合わせたプランを提案するのではないかと思います。


Article content


Q5.ぶっちゃけ私らしく働けてる?

めいちゃん:逆にゆかりちゃん(インタビュアー)の話も聞きたくて、私らしく働けていますか?


インタビュアー:私は好きな仕事が出来、仕事とプライベートとの両立も出来ているので、私らしく働けていると思います!前職では残業時間だけで月に100時間もあり、プライベートがないので何のために働いているのかがわからなかったので、そう考えると今は好きな仕事ができ、プライベートとの両立も出来ているので幸せに働けています。また、Wantedlyの記事を書いたり、個人的にフリーランスとして資産運用の知識を身につけているので、C4Cで作り上げる私らしさも徐々に作られていくのかなと思います!


のんちゃん:今回の座談会でみんな受け身じゃないのがいいですよね。フリーランスになることのメリットが共通認識になってるし、自分で作っていくっていう考えもあってるから話が進みやすかったです!自分だけのために働くとなかなか難しいですよね。


めいちゃん:C4Cは特にみんな自立しようって目標でやってるから、現場が用意されるのは当たり前、契約が続くのが当たり前、チームでいくのが当たり前と思うと、自分が頑張ることよりも周りに求めることが多くなると思います。人に頼ってては結局幸せになれないから、男性も女性も変わらないですし、むしろ女性の方がいつか出産などで現場で離れる可能性があるとなると頑張らなきゃいけないのかもしれないですね。なので、より一層女性が強くなる会社だなと思います!実際にここにいるメンバーだったり、広報で活躍しているメンバーも女性ばかりで、女性が活躍してる会社だなと思います。女性が活躍することで活気が出てますね!


Article content


最後に

みなさん、C4C女性エンジニアの働き方についていかがでしたか?
C4Cの女性エンジニアが活躍する理由が改めておわかりいただけたのではないでしょうか。
一人一人が何でも当たり前と思わず働いているため、より一層女性が強くなっている会社だと実感します!
今回インタビュアーとして座談会を企画したのですが、凄くためになる話ばかりで勉強になりました。コロナ禍で大変な状況ですが、このような機会をいただけて感謝しています! みなさんご協力ありがとうございました!!!
(※当日は換気の良いテラス席でコロナ対策万全で行いました。)

今後もC4Cについての情報をお届けしていきます!